MENU

夜間断乳 失敗‼〜夜間断乳をしても睡眠不足が解消できなかった原因と失敗レポを公開〜

1人目の夜間断乳は見事に失敗‼

夜間断乳をしても、夜中に何度も起きて寝不足解消に至りませんでした。

なぜ失敗したのか、どうすれば良かったのか、当時はわかりませんでしたが3人目の夜間断乳を終えた今ならわかります。

今回は、夜間断乳失敗の原因と解決策、当時の失敗レポを紹介します。

まわりのママが、夜間断乳を成功させ「朝まで寝るようになったよー!」の報告を恨めしく聞いていました(顔に出ないよう必死w)

この失敗談からこれから断乳するママたちに届くものがあれば嬉しいです😄

目次

夜間断乳とは

文字通り夜間の授乳をやめること!(笑)
ですが、私の解釈では

夜間断乳=「授乳なしで自力で寝つく練習。」

要はネントレですね!

赤ちゃんは浅い眠りになった時に目が覚め、その時に自力で再入眠することで朝まで眠れるようになります。
この「自力で」が大事で、大人が手助けしないと寝つけないようならママの睡眠不足解消にはなりません!!
(単純だけど、当時の私はこれがわかっていなかった)

こんな方におすすめの記事です

・寝不足がつらいけど、夜間断乳ってどうやったら成功するの?
・失敗の原因ってどんなこと?
と成功するための糧にしたい方

【実録】夜間断乳失敗レポ

夜間断乳をした時の状況
・長男1歳0ヶ月
・授乳で寝なかったらだっこひもでゆらゆら
(30分以上かかる時もあり負担すごい)
・根付いても早い時は20分で起きる😢
・一晩で10回以上起きることも
・そのたびに添い乳
・自分、眠れなさすぎて発狂する

書いてるだけで泣けてくる思い出。。
1歳の誕生日に「1年間まともに寝られなかったな」と思ったら涙が止まらなかった😭
(もちろん1歳を迎えたことはめちゃめちゃ嬉しかった!)

夜間断乳失敗レポ 【1日目】

20:20授乳後に眠そうにしていたので
その勢いでトントン!
←失敗の原因
ウトウトしたり泣いたりのくり返しで
40分かかる
本人も眠いので寝方を探っているようだった
21:00寝つく
23:30一瞬起きるがトントンで寝る
4:00起きる
トントンするが、おめめパッチリ
全然寝ないのであきらめて遊ぶ
6:50寝かしつけ開始
トントンするも、動いたりけっこう激しく泣く
7:2030分格闘の末、泣きつかれて寝る
9:30起きる
14:15

16:30
〜昼寝〜
絵本を読んで寝落ち狙うも寝ず。。
添い寝&腕まくらで寝かせてみる
(パイを触りながら寝る)失敗原因
15分泣いて寝つく
17:40夕食
19:00お風呂
授乳

【メモ】

・夜寝も昼寝も授乳で寝かしつけしないようにした。

・日中は、通常通り欲しがった時に授乳した(全3回)

夜間断乳失敗レポ 【2日目】

20:00眠そうにしたので寝室へ移動
絵本を読む
20:30添い寝&腕まくらで泣かずに10分で寝つく
(パイは触っている)
23:30起きる
うでまくらで寝かそうとすると
パイを触って寝る
1:30起きる
腕まくら&パイ触って寝る
5:00起きる
パイを触らせないようにしたら、起きてしまった
なのでパイを触るのはOKと決めてしまう失敗の原因
10:00寝かしつけトライも寝ず。。
11:50

12:00
〜昼寝〜
抱っこひもで散歩中に寝る
10分で起きる(10分て。。。)
17:30夕食
18:00お風呂

【メモ】

この日は大変だった。

・夜中2回起きて、うでまくらで寝かすも、服に手を入れてパイを触ろうとするからこちらもなかなか寝つけない

・5:00に起きた時にパイを触れない服にしたら、眠れなくて目が覚めてしまう。

・そろそろ寝るでしょ、と午前10児頃寝かしつけてみても寝なかったり、昼寝が10分で自分、ほとんど寝れなかった。

夜間断乳 失敗レポ【3日目】

18:15

18:30
お風呂後の授乳で寝てしまった←失敗の原因
18:3015分で起きるが眠くて1時間泣く
19:30寝つく
0:50起きる
水分補給
腕まくらで寝る(パイ触りながら)
5:50起きる
10:30

11:30
〜昼寝〜
腕まくらで寝る(パイ触る)
17:00夕食
17:45お風呂

【メモ】

・0:50〜5:50まで5時間続けて寝られた!

途中、フガフガしても自分で寝ついていた→無視が肝心‼

そしてこの日にやってしまった失敗が。。。

失敗原因

お風呂後の授乳で寝てしまったこと‼
授乳で寝かさないことを徹底していたのに、昼間寝足りないこともあってお風呂上がりの授乳で寝てしまうという大失態!

15分で起こしたけどその後は1時間ギャン泣きして、こちらも泣きそうになった。

うまくいかないなぁ。。と八方塞がり感だった。

夜間断乳 失敗レポ 【4日目】

17:00夕食(その後授乳しなかった)←失敗の原因
17:45風呂
18:30寝室に移動
絵本を読む
18:45トントン→寝たふり→トントン
で寝かしてみる
35分泣く
19:20寝る
23:30パイ触りながらの腕まくらで寝る
3:30パイ触りながらの腕まくらで寝る

失敗原因

この日の失敗は、夕食後に授乳しなかったこと。
そのタイミングで授乳しなかったことで、お風呂後にあげると寝てしまいそうだったのでそのまま授乳せずに寝かした。
寝る時にパイを欲しがり、結果35分も泣かせてしまった。

きちんといつ授乳するかを考えて行動できてなかった。

【改善点メモ】

授乳は夕食後にあげるようにして、お風呂後は白湯で水分補給するようにするか、早めのお風呂で寝つかなそうだったら、授乳OKにする
など、スケジュールを調整する

この日の日記には、

「たくさん泣かれると、ここまでする必要あったのかと思ってしまう。もう少し遅らせても良かったんじゃないかと。。
でも、自分で再入眠できることもあるし、寝てくれるようになると信じてがんばろう」と書いてある。

結局、夜中何回も起きるという失敗に終わっちゃうんだけどね。せつな。

夜間断乳 失敗レポ【5日目以降】

5日以降も、夜中2〜3回起きて、腕まくらでパイを触りながらでないと寝つけない状態。
泣いて起きるたびに、私が行って寝かしつけるという、結局自分寝られないじゃん!という状態で相当落胆していた。

そしてこれ以降これよりも状況は悪化していくことは、知る由もない。。😭

夜間断乳 失敗レポ 【8日目以降】

19:35泣かずに寝る
相変わらず腕まくらでパイ触る
23:00起きる
なぜか寝つかず2時間寝たふりで耐える(つらたん💧)
1:00やっと寝る
7:30起きる

【メモ】

2時間も寝ないのつらすぎた。

そして9日目も同じように夜中2時間寝つけずにいて、さすがにしんどくて寝室を出て遊ばせる。

結局2歳半頃まで夜中に3〜5回起きたり、夜中におめめパッチリで2時間寝ないことも稀にあり、私は長いこと長男の睡眠に悩まされました。

1歳3ヶ月で昼間の断乳もしましたが、さほど変わらず、2歳半頃から朝まで通して寝ることがちょこちょこと増えてきて「やっとか〜」という感じになってきました。
それでも毎日朝まで通して、とはなりませんでした。

(2歳2ヶ月差で下の子が生まれたのでやっぱり寝られず、詰みましたw)

寝られるようになってきたきっかけは、月齢が上がり、たまたま寝つけた成功体験を積み重ねて、月齢とともに自分で寝つく力をつけていったようです。

夜間断乳失敗の原因4つと解決策

1.赤ちゃんに伝えずに急に始めたことで赤ちゃんが混乱した

赤ちゃんも、急におっぱいをくれなくなったら「なんでーーー!?」と混乱します。
激しく泣いてかわいそうになってきてしまいます。

【解決策】赤ちゃんに前もって夜の授乳をやめることを伝える

・一週間ほど前からカレンダーを見ながら「〇〇日になったらよるのおっぱいばいばいしようね」とあらかじめ話しておきます。
夜間断乳を始めてもいい頃には赤ちゃんは大人の言うことをだいぶ理解しています!一日の終りにシールを貼るなど印をつけて、赤ちゃんも心の準備ができるようにすることは本当に大事です。
そうすることで、赤ちゃんもなんとなく理解していたことが、夜間断乳を開始してこのことだったのね!とつながり、必要以上に混乱させずにすみます。

2.スケジューリングに失敗し、授乳で寝ついてしまった。

夜間断乳とは、で書きましたが、「夜間断乳=授乳なしで寝つく練習」です。(断言w)
なので、寝るまでの授乳で寝つかないように気をつけなければいけません。
ですが、スケジューリングに失敗し、お風呂後の授乳で寝ついてしまったのです!
それにより、少し寝て起き、その後ギャン泣きを1時間させてしまうことに。。

【解決策】一日の最後の授乳で寝つかないよう、スケジューリングしておく

例えば
夕食

お風呂(その後授乳)

寝かしつけ
お風呂後の授乳で寝てしまう可能性のある子は時間調整そて前倒ししたり、最後の授乳を夕食後にしてお風呂上がりは白湯で水分補給するなど最後の授乳で寝かさないように工夫するのが大事。

3.夜間断乳しても、ママがいないと寝つけない子になってしまった

「夜間断乳=授乳なしで自力で寝つく練習」。(しつこw)

なのに、ママが介入しないと再入眠ができない子になってしまったのです。
この時の寝かしつけ方法は、腕まくらだったのですが、パイを触りたがり「やめさせたらかわいそう」と思ってしまい、腕まくら+パイを触るという寝かしつけ方法にしてしまったのです。
そのことで、浅い眠りになるたびに、腕まくら+パイを触りながらでないと寝つけなくなってしまい、自力で寝付けない子になってしましました。
起きて泣くたびに寝室まで走ることになるのでした😭(2歳半まで3〜5回)

自分時間も何回も中断され、1回の寝かしつけにも20〜30分かかり、ストレスが半端なかった!!

【解決策】事前に介入度の低い寝かしつけ方法を調べておく

赤ちゃんが自力で再入眠できるようにするには、寝かしつけ時に介入度の低い寝かしつけ方法で、寝つき方を覚えることが大事です。
事前にこの方法で寝なかったらこっちの方法で、いくつか選択肢を持っておくことでいざ寝なかった時に「さあどうしよう」と慌てずにすみます。
そうすることで一貫性もでてきて、赤ちゃんが混乱せずにすみますね。

例えば
①寝たふりで寝なかったら

②背中トントン

③座って抱っこ

④抱っこひもでゆらゆら
とできるだけ介入度の低い寝かしつけ方法から開始して、寝なかったら次の方法とイメージを持っておくと慌てなくてgood!
(ただ、育児には迷いがつきもの。。。その都度子どもの様子を見て迷いながら試行錯誤するのが育児だと思ってます。ここで言いたいのは、事前に調べて準備しておくことで不安材料が減り、より冷静に対応できると思う、ということ!)

4.覚悟を決めずに始めて、心が折れそうになった

急に始めたことで、赤ちゃんもさることながら、ママも覚悟ができていません。
夜間断乳はそう甘いものではないのに!(笑)
赤ちゃんはおっぱいがもらえなくなることで激しく泣きます!!
それに耐えきれず、あげてしまうことで、赤ちゃんはよけいに混乱しさらに激しく泣くことになります。
ママの心が折れて失敗に終わることもけっこうあるみたいです。
「なにがあっても赤ちゃんと自分の睡眠のためにやめる!!」という覚悟を決め、赤ちゃんと一緒に心の準備をしてから臨んでくださいね!

前向きな強い覚悟を決めるのが大事ですね〜!

余談;漢方が効いた

あまりにぐっすり眠れる日が来ないので、長男3歳0ヶ月の時に、漢方のお医者さんに相談してみました。

そこで処方されたのが

抑肝散 という漢方でした

【抑肝散】
特徴:
・東洋医学でいう「肝」を抑える薬
・漢方で「肝」は心や精神を表す
・中国では昔から子どもの夜泣きに使われていた
・神経が興奮して眠れない状態を鎮める効果がある

これを私が朝と寝る前の1日2回の服用(各一包ずつ)

長男(3歳0ヶ月)が夜寝る前に一包服用

長女(0歳8ヶ月)は母乳から移行するので個別に飲ませなくてOKだと言われる

なんとこれがかなり効いて、飲み始めて2日目から起きる回数が二人とも減り、

長男は3回→1回に

長女も2〜3回→1回ほどに減りました。

もっと早く行けばよかったーーーーー!!!!!

と思ったほど、効果があったのでもし頻回起きで悩んでいる方は、一度漢方医に相談してみるのもおすすめです‼

結局、朝まで通して寝るようになったのはいつ?

それは

3歳2ヶ月‼

保育園に入園してまもなくのことです。

保育園の昼寝の時に先生のトントンや自力で寝られるようになり、夜の睡眠にも影響があったようです!
(保育園様様、、、)

結論‼  夜間断乳を成功させるには

自力で寝つく力をつける!!!

ということですね。

要は、夜間断乳と同時に介入度の低い寝かしつけ方法で再入眠できる子にする‼こと

ネントレを実行する感覚でいいです。

私のように、夜間授乳をやめても、ママがいないと寝つけないようにしてしまったら、結局起きるたびに寝室に走らなければいけません。(ほんとにストレス!)

子どもも自力での寝つき方がわからず、ぐっすり眠れないですね。

ママの睡眠、子どもの睡眠のためにもここを理解して、自力で寝つく方法を教えてあげることが

大事だと実感していますので、これから夜間断乳に踏み切るママさんはぜひ参考にしてみてくださいね😄

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次